葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで

葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。
妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。
流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを減らす効果があります。
厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、妊娠初期の女性は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸のサプリメントで不足分を補給しても賢い方法だと言えます。
不妊かなと思ったときには、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。
簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見れば体の状態というのがよく分かり、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役立ちます。
基礎体温表を作るには、変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといった決まりがあるので、それを守ってつけていくことが大事です。
最初の1か月は慣れるつもりで始めてみましょう。
今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。
具体的には、普段の食事に加えて葉酸を補給することを正式に厚生労働省が推奨しています。
なぜなら、十分な葉酸を摂る事で胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。
もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時は胎児の安全性を考慮した上で、無添加の葉酸サプリメントを見極めることも心掛けたいですね。
妊娠を希望する女性や、妊娠中の女性の健康をサポートしてくれるサプリと言えば、ピジョンが出している葉酸サプリが一番おススメですね。
ピジョンが発売している葉酸サプリにはいくつかタイプがあり、それぞれの成分が異なっています。
葉酸だけが入っている製品は少ないですが、そのかわりにカルシウムや鉄分、ビタミンなど、不足しがちな成分が一錠にまとめて詰め込まれています。
この葉酸サプリであれば、様々なサプリを複数飲む必要が無いため、手軽に十分な栄養素を摂取出来ます。
管理も楽なので、おススメです。
ピジョンのサプリには、それぞれのサプリが含有している成分に特徴がありますから、ご自身が不足しがちな栄養素が入ったサプリを選んでみてくださいね。
葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、厚生労働省が正式に適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。
それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は尿や汗と一緒に体外に出ていくので、余分な葉酸が蓄積していく、という事はあまり無いようです。
しかし、葉酸の過剰摂取によって発熱や呼吸障害、かゆみや吐き気などを引き起こすという報告がされています。
葉酸サプリは食事での摂取に比べると、過剰摂取に陥りやすい側面もあります。
葉酸サプリを飲む場合には、規定量を必ず確認しましょう。