皆さんは「妊娠したらまず葉酸」という言葉をご存知で

皆さんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大な働きをもたらす葉酸に注目が集まっています。
厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は欠かすことの出来ない栄養素だと言われています。
しかし、仮に葉酸が欠乏してしまうと、お腹の中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。
葉酸は細胞分裂に働きかける栄養素だと報告されています。
ですから、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、先天性の障害などを発症するリスクが高まるというデータがあるのです。
ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、是非、葉酸の摂取を意識してみてください。
皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。
妊活中の方をサポートし、体調管理をするのに適したサプリと言えば、葉酸が配合されたものが、一番のお勧めです。
葉酸の働きは、貧血を予防する効果がありますし、正常な細胞分裂を促すことで、赤ちゃんが先天的な異常を発症するリスクを下げることが出来ます。
それから、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。
ですから、赤ちゃんを計画しているご夫婦にとって非常に重要なサプリだという事がお分かり頂けたと思います。
お金のかかる不妊治療はゴールが見えず、心理的にも疲弊してしまう人が多いようです。
市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、40歳程度を基準にして給付する回数を減らす場合がほとんどです。
第一子の出産年齢が高ければ第二子はアラフォーって普通ですよね。
だからこそ、支給回数を増やすべきで、減らすのは言語道断だと思います。
私だって来年には四十になるので、役所にまでリミットを設けられたようで悲しく、いっそう精神的に疲れてきました。
妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバイスなのですが、普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。
具体的には、普段の食事に加えて充分な量の葉酸を摂取するように厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。
なぜかと言うと、必要な量の葉酸を摂取することで、神経管閉鎖障害などの先天的な障害が発症しにくくなるからです。
最近は葉酸のサプリメントも多くの種類が出ていますね。
そうしたサプリを利用する方は、赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。
ですから無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事をポイントです。
実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。
細胞分裂が行われる、妊娠初期に十分な葉酸を摂取できない場合は、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスクが増加するという報告があるのです。
もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。
ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、普段の食事にプラスして、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。
サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。