皆さんは「妊娠したらまず葉酸」という言葉

皆さんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大な働きをもたらす葉酸に注目が集まっています。
厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は大変重要な栄養素の一つです。
それでは、仮に葉酸が欠乏してしまうと、赤ちゃんの成長に、どう影響するのでしょう。
実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。
そのため、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになると言われているそうです。
ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、葉酸の摂取が十分に行えるよう、気を付けてみてください。
二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。
夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、言い出しにくい感じがしたので、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。
月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、妊娠できなくて、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、私はラッキーだったのか、それからしばらくしたら、赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。
妊娠を考えるようになって、葉酸がとても大切だという事に気付かされています。
今、私は妊活中なのですが、この時から葉酸を摂るように、厚生労働省が勧告していると何かの雑誌に書いてあったので、意外でした。
どうやら、葉酸は赤ちゃんが大きくなるために必要不可欠な栄養素だと書いてありました。
野菜にも含まれている栄養素なのですが、野菜をちゃんと食べれない場合は、サプリを利用すれば良いそうですから、ちょっと安心しました。
食事や栄養についての不安が無くなるように、自分に合ったサプリを選んで妊娠に向けて頑張っていきたいと思ってます。
様々な食品に「葉酸」は含まれていますよね。
果物では、イチゴが代表的ですね。
あまり店頭では見かけませんが、ライチにも多くの葉酸が含まれていると紹介されています。
その他の果物にも、葉酸が多く含有しているものがあります。
柿やキウイフルーツ、またはアセロラにも多く含まれています。
または、かんきつ類も葉酸が豊富な果物に当たります。
葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、オレンジジュースで補うのも問題ありません。
葉酸の摂取期間についてお話しします。
皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において推奨されています。
ところで、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が必要ないのでしょうか。
実際にはそれは違います。
葉酸の持つ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が重要な期間だという事です。
ですから、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。