不妊体質とストレス。この二つは密接に関わって

不妊体質とストレス。
この二つは密接に関わっています。
生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、不妊につながる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。
ときには友人や家族の励ましや、当事者ゆえの焦りなどが不妊治療という不慣れな状況とあいまって負担になるケースもあり、悪循環から抜け出せない人もいます。
治療しているのですから、あとはおおらかに構えるのが大切です。
上の子が産まれて4年たった頃から2人目不妊を疑い、病院に行き始めました。
できれば夫婦そろって病院で診てもらいたかったものの、話を切り出しづらくて、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。
月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、それでも妊娠に至らず、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。
それが功を奏したのか、それからしばらくしたら、二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。
皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性側が実践するものがよく紹介されています。
しかし、男性にも出来る妊活があるんです。
それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。
流産や不妊におけるリスク要因は母親側だけの問題かというとそうではなく、男性に原因がある事もあります。
特に注目したいのは、精子の染色体異常です。
これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。
質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。
葉酸はあなたも知っての通り、妊娠を希望する方や妊娠中の女性にとって不可欠な栄養素です。
ですが、妊娠中には葉酸以外にも様々な栄養素が不足しがちです。
また、さらに、葉酸単体での体内利用率は低く、それ自体では効果が働きにくくなってしまうため、サプリによる葉酸摂取を考えている方は、ミネラル、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が25種類前後入っているものを選べば必要な栄養素をきちんと補うことが出来ますし、成分が最大限有効に働いてくれるという訳です。
このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体がつくられますから、妊活中の女性も摂取をオススメします。
妊活中に忘れてはならないのが、ホルモンバランスを正常に整えることです。
中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。
ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果がありますし、乱れがちな自律神経を正常にするため、ホルモンバランスが整っていくのです。
インターネットを利用すれば簡単にヨガの動画が見られますので、思い立った時にはすぐに始めることが出来ますよね。
軽く息が上がる程度の運動は新陳代謝を高め、柔軟性を上げることになりますから、体と心のバランスを整え、健康に繋がるので、妊活中の方は、ヨガで手軽に妊活を実践してみてはいかがでしょうか。